旅する雲 未知なる空

こんにちは。考えている事をダラダラと綴っています。基本日記。自然体。

細けぇことが気になんだ

部屋を片付けていたら見つけたメモ

f:id:sstomoon:20210303171700j:plain_______________________________________

これの意味が分からん

 

  天気予報が嘘ついた

  土砂降りの雨が降る

  カバンに入れたままの

  折りたたみ傘 嬉しくない

  ため息をついた そんな時

  しょうがないから入ってやるなんて

  隣にいる君が笑う~

 

で天気は何なのよ?

________________________________________

 

・・・何か怒ってます?

わたくし本当はもっと字綺麗ですのよ。

歌詞をわざわざ写してるのが笑える。

 

天気予報は雨で(お気に入りのかわいい)折りたたみ傘を持っていったのに

結局雨は降らずガッカリ~でも何か知らんけど男は折りたたみ傘に気付き

「しょうがないから入ってやる」

天気予報は晴だけど雨降ってきた、(お気に入りのかわいい)折りたたみ傘やなくて(あんまり気に入っとらん)フツーの傘使わなあかんやんけ、ため息ついたろ

(でも折りたたみはカバンに入れておく)

男「(何かため息ついてるけど)しょうがないから入ってやる」

 

ないな。

どういうことなん?改めて気になってきた。

 

調べたらあるブログの解釈では、

・雨は降ってくる

・男が自分自身濡れてしまうのに傘貸すよと差し出してくる

・折りたたみ傘あるし男に濡れてほしくないから断りたいけど

   貸してもらうのは嬉しいし・・・困った、ため息~

・男「しょうがないから(一緒に)入ってやる」

とのこと。

全然納得できん(笑)

しかしあの歌詞でここまで想像できるのはすごいな。

 

別のブログでは、

・雨は降ってくる

・天気予報がウソをついた=晴れてほしかった

・折りたたみ傘を持ってきたこと自体嬉しくない

・「しょうがないから入ってやる」=男は相合傘したいけど素直に言えなかった

と解釈されている。

ウ~ン、なるほど。

嘘を「正しくない」ではなくて「望ましくない」という方の意味で捉えると。

「~でなければ嘘だ」以外でその意味になるのを見たことなかったから思いつかなかった。

 

まぁ細かいこと言うと

折りたたみ傘はカバンに入れたままなのに「しょうがないから入ってやる」と言い出す男がやっぱり意味分からんけどね

あれかね?傘開いて帰らなきゃいけないけど今日に限って雨降るなんて本当にもう~ため息ついちゃうわ、折りたたみ傘取り出す気にならんなぁ、そこへ男「(こいつどうせ傘持ってるだろうな、あ~相合傘してぇな~)・・・しょうがないから入ってやる」

 

うん、分からん。

多分これ歌詞ミスってる。

個人的には、カバンに入ってる折りたたみに気付いた男が女の考えを全て見抜いて「しょうがないから入ってやる」と言い、雨なんてちっとも降っていないのに相合傘して歩いてたりしたら面白いので、そういうことにします。

折りたたみはカバンからちょい飛び出している。

 

主に逆転検事2

卒論も終わったことだし片付け片付け~

しながら逆転検事をプレイしてました

 

とりあえず逆転裁判シリーズは一段落だ

DS持ってないからスマホでできる 123、検事12、大逆転12

普段全然ゲームしないけど、折角なのでちょっと感想でも残してみようかな

 

 

ネタバレにご用心

 

 

逆転検事2は5話の後編が結構呆気なくて驚いた

というのも1のカーネイジがすっごいしつこかったから

本当は尋問とかでハズレ引いたときのリアクションを見たりしたかったけど

もうクリアしたいわ~ってことでスピーディにやった

そのせいか、ちょくちょく疑問に思っていたことが頭の中で整理されないまま

「そうなるの・・・?」「何かおかしいような・・・」という感じで終わってしまった

メモとってないんで5話のことしか覚えてないんですけどね

 

そうなんすよ

全話繋がってるのは分かってるし、プレイ中も「あ~何か関係してるのね」と思うんだけど

クリア後にそれぞれの話を全く覚えてない

まぁいちいち間空けてやるからなんだけど

 

とりあえず5話やってて「ん?」となったのが・・・

・水鏡が誘拐犯から脅されて無罪判決を急いでいたこと

    誘拐犯は結局草太でマリーの有罪を要求したんだよね?違うっけ?

・草太が風見豊の息子である周り

   風見豊ー猿代草太、氷堂伊作ー内藤馬乃介

   風見が氷堂を殺害、息子の方は逆に馬乃介が草太を監禁

   記憶が混乱して草太は氷堂を自分の父親と思いこむ・・・馬乃介が自分を監禁しその間に父親が殺された、そのため風見と馬乃介を憎む

   ・・・・・・何かおかしい、何かおかしい気がする。てか氷堂の息子見つかってたんかい

   馬乃介も自分の父親が氷堂だって分かってないんだっけ?分かってる?気付かないもんかね?

   スピード重視でやったらここらへんよく分からんかった

   草太も馬乃介も一緒に児童養護施設に入ったんよね?ウ~ン

・草太は何で了賢の絵を描いたのか

   了賢を庇いたいんだよね?

・バルーンアタック周り

   バルーンアタックはできたってことでいいですよ別に

   「偶然だとしてもそんなことになるか?」みたいなこともままあるし

   数百キロ(だっけ?)のバルーンで潰したらもっと遺体ぐちゃぐちゃになるんじゃないかってこともまぁいいですよ

   気になるのはね、バルーンアタック後なんす

   バルーンアタックなどと言っていますが、ぶつけたんじゃなくて潰したんだよね?上から

   そしたら重たい気球はどうやってどかしたんだろう?

   あれかなぁ、着地はせずにとんでもないコントロールでいい感じに圧かけて、動かなくなったなと思ったら別の場所に着地するとか

   あと些細な事だけど「深夜に宣伝用の気球飛ばすのはおかしい」というツッコミほしかった

   無駄なやりとりになること必至でも

・詩紋くんの父親

   ちゃんと読んでないからかもしれないけど、了賢が「大統領に息子などおらんのじゃ」みたいなセリフが引っかかった

 

モヤモヤする~

オオサワギの証言も信用していいものかねぇって思っちゃう

メタ的に見れば信用できるものなんだけどさ

 

 

逆にプレイしてて面白かった良かったのは・・・!

まずBGM!逆転裁判シリーズはBGMがとっても良い。そもそもハマったきっかけがBGMだってくらい。(ずれているかもしれないけど、スマホでなんとなしに続き物の後編だと気付かず大逆転2をプレイして、「論理と奸計(ロジックとトリック)」がすごいツボだった。)

「対決」と「追究」は言わずもがな、「真実は告げる」のおそろしげな緊迫感もいい。濫用されてた。弓彦が自分の経歴の真相を知った時に流れたのはやたら深刻な演出だなと思った。いや彼、かなり可哀相なんだけどね。何にせよ、あの真実を告げる鐘が鳴り響き、少しずつ低音でドドドと迫りくる感じが、たまんねぇ~~~。検事1の方もいいけど・・・僅差で2の方が好き

「ロジック」もいいね。大逆転の「論理と奸計」もそうなんだけど、こういう淡々とした曲が好きなんだろうな。「ロジック」は作中では10秒も聞くことはないんだけど、全体はそれなりに長いんだよね

次にキャラクター。本作主人公の御剣はん。ぶっちゃけ逆転裁判やってる時は「そんなにかっこいいか~?」って思ってたけど、今は「御剣かっこよ」って思う。生き様がかっこいい。極悪検事?知らんな。御剣ってこんなに熱い男なのか。クールでノリが悪くて無愛想だと思えば、人情に厚かったり。美雲ちゃんを助けようと検事バッジに目もくれず頑張るところとか文句なしにかっこよかった。美雲ちゃんも絶妙なキャラ。アホだけど足を引っ張るわけでもないし、元気があってよろしい。記憶を取り戻す瞬間のブレイクモーションは少しコワかったけども。「ぬすみさん」はシリーズにちょくちょく出てくるオーバーテクノロジーのマシィーンですねという感じ。弓彦はゆるくていいね。面白い。水鏡さんは味方の時はいいんだけど敵だと良くない。取り乱してるところは好きじゃない。詩紋くんとの年齢差ね。どっちかというと万才と弓彦の年齢差の方が気になるよね。狼は一体何だったのか。嫌いじゃない。父親の狼大龍(だっけ?)がチラッとしか見られないけどしぶくてかっこいいとおもいました。コロシヤと了賢の対決はかっこいいけど意味わからん。信さんと信楽さんは満場一致でカッコイイね。馬堂刑事も硬派でカッコイイ。全然動じない。顔色悪すぎ。信さんの言動はまぁ忘れてしまったけど、こりゃかっこええわ~と思っていたことは覚えている。信楽さん(おじさんver.)はありがちなキャラなんだけどやっぱりいいよね、ああいう普段はふざけているけどここぞという時は大人な対応を見せるおじさん。あ、草太の両手で飛び回るリスたち可愛かったね

 そうだ、やくそくノートは素敵な内容だった。何気に心を打たれたぞ

 

 

レイトンVS と えどたん と ゴーストトリック が気になるなぁ

まぁ今は部屋片づけよ

くわばらくわばら

忙しくしてないといけないのに、のんびりしている

昔っからの悪い癖で隙あらばサボる

「これいけるな」と思ったらまず休む

 

困っている・・・集中力がなさすぎて

年々、いや日に日に、あらゆる能力が低下していっていると感じる

このままではいけない、とは思うのだが・・・

 

卒論が、そう卒論が

無理だーーー

「こんなはずじゃなかった」とかはもういいから

とにかく早く終わってほしい ほしい  ほしい・・・

完全に受け身ですわ

発表日や提出日より早くに終わらせるという考えがないのです

いや~ないわけではないー、いつもそう

頭では分かっている、客観的に状況を見られる

だけ

 

 

まぁそんなことより、この前とんでもないことに気付いてしまったんですよ

 

「もしかして卒論発表、えらい緊張するんじゃね?」

 

わたくし、自慢ではありませんが、今1週間以上引きこもっております

研究室のオンラインミーティングは週一回ありますけれども、大したことは話しません

(というか研究室は学生側のやる気がなさすぎるし、先生もゆるいし、グダグダもいいところ)

こんな状態でいきなり複数の先生相手に発表しろなどと放り出された日にゃあ、ね?

 

あ、でも相手する先生たち、比較的優しそうなのでまだマシか

本当こういう運だけはいいんだから

捨てられないもの

いや~昔の日記を見返してたら恥ずかしくなった

自分、昔っからメモ魔記録魔のきらいがありまして

しかも手書きの字や絵が入っているものを捨てられないから残ってる残ってる

 

自分しか見ないから思いのたけぶつけてんなぁ~

その代わり小学生高学年くらいの時に母に「日記面白いからいつかブログとかやったらいいかもね!」みたいなこと言われた時絶望したし暗号も開発した

 

変わってないな~というから当たり前だけど今の自分と通ずるところが少なくない

そういえばこの頃からこうだったかと思ったり

しっかし今なら躊躇して書かないかもしれないことまで書いていたりすごいっすね

日記でしか素直になれないね

 

日記帳も色々な形態を経ていてそこも面白い 我ながら

意味があるかと言われると分からんが

書くことも後で見返すのも好きだからやめられないね

 

過去志向なんだろうなぁ

捨てられないのよ

振り返ってどうこうとかは特にない

 

 

パソコンの容量がおかしいから何かのデータ消したら色々初期化されてもうた

このブログの操作もなんや変わっとるぞい

ブログに書きたいことはあるけど 自分だけが見るノートに記して済ませてしまうな~

テレビと芸能人と一般人

ジャンプラで『推しの子』というマンガを読んでいるのですが

今回の第25話は「ネットを通しての誹謗中傷」がリアルに描かれています

読んで考えることもありましたが、コメント欄でも様々な意見が見られて

色々と考えたので、一部のコメント抜粋してメモしておきます

作品の感想ではなくて誹謗中傷に対する意見などです

 

コメントは全部で1500件近く・・・

()内は いいジャン! の数

※いいジャン!は、書き込みの時刻が早めだと短時間で一定の数が集まり「いいジャン!多い順」のソートで目に付くので、さらに数が膨れ上がる。単純に数で比較することはできませんが一応

 

 

//

やってる奴らこのコメ欄にもいっぱいいるだろうから言うけど笑い事じゃないからな。

これ見て何も感じないならほんとにサイコパス。(6183)

 

//

テレビの切り取りとか思いこみって本当に怖いよね

こういうテレビ見てすごい悪い人に見えたとしても

強すぎる言葉で叩くのだけはやめましょう...

人1人死にかけてるからね...(2704)

 

//

SNS等で軽率に誹謗中傷のコメント書き込むやつ皆読むべきだと思った(69)

 

//

こういう風に誰かを集団で叩くような人

ジャンプラ読者にたくさんいるよね(1251)

 

//

Twitter民、読め!

そしてリテラシーを上げろ!(48)

 

//

そうなんだよね、番組は出演者を守ってなんかくれないんだよ。せいぜい焚火にくべる薪にされるだけ(93)

 

//

今茜を同情的に見てる読者の中にもこういうことしたことある人いるんだろうな

茜目線で見てるから同情的に立ってるだけで、何も知らなきゃなんでも言える

怖いね(2518)

 

//

誹謗中傷したらいけないっての改めて思うわ、、

みんな芸能人ディスるなら鍵垢で身内でやろうな(228)

 

//

心が痛い。加害者側の意識があるからなおさら(3)

 

//

ジャン+のコメ欄も全体的に叩いていいみたいな雰囲気の時まじで酷いからな

酷いコメ送ってた奴ここで善人面すらすんなよ(4371)

 

//

ネットでの発言は気をつけようと改めて思った...

たとえちょっと苦手な相手にでも、あかねちゃんみたいな思いは絶対してほしくない(462)

 

//

人前に出る活動してると数々の優しいコメントよりひとつのアンチコメがグッサリ刺さるのに、それがさらに大勢からとなるとそりゃ辛いよな。

 

気にするなと言われてもなかなか難しいし

 

言われる人の気持ちを考えられない奴が多いから自殺者とかも出んだろ、胸糞な話だよな(286)

 

//

ネットで作り上げられる印象って怖いよね

不器用で真面目でこつこつ頑張る子なのに...(2)

 

//

この話見て「叩く奴ら最低だな」の他人事で終わらせる人はいつか「そっち側」に回ってしまう人だと思う。「自分がこの人達になるかも・なったことあるかも」を考えなきゃダメだよね...(253)

 

//

一般の人は批判されてる芸能人側がどんな状況なのか理解することが出来ないですよね 難しい(5)

 

//

実際これ読んでる人でも、芸能人とかにアンチコメント書いてる人沢山いそう、そして悪いとも思ってなさそう、人間こわすぎ(12)

 

//

漫画を神の視点で見てるから偉そうに言えるけど匿名掲示板もSNSもほんと凶器よね...(60)

 

//

こういうの見て自分のネットでの発言を改めようなんて事にはならんのよね悲しいけど(1)

 

//

真実はどうであれ、好きな俳優に対しあかねちゃんみたいに顔を傷つけた人がいたら確かに怒っちゃうなあ(3)

 

//

一般人でもファン同士の潰し合いでこういうのある。私も晒された。もちろん推しは助けてくれる訳もなく。芸能人なら助けてくれる人がいていいなとか思ってしまうくらいになってしまった。特になにもしていない。ただ1人のフォロワーが急にキレてツイートを掲示板に晒しだした。今はただ死にたい...(3)

 

//

テレビの切り抜きなんかより一般人のSNS正義マンのほうが怖くなっちゃったよね...(2)

 

//

結局はここの人たちにお前らもこういうこと書くよなって言ってる奴もやってること同じ気がするけどな(9)

 

//

元々ファンでもアンチでもないただの赤の他人がこういう時に便乗して叩き始めるからな......(52)

 

//

正義ぶってる時がいちばんひどいこと言えちゃうんだよね

メムちゃんもちゃんと言ってるけど本当に見ちゃダメだよこんなの...真面目だなあかね...(3)

 

//

少なくともこの作品を読んだ方々には、嫌いな芸能人が出来たとしても意地悪だけはして欲しくない。(9)

 

//

申し訳ないけどアホだなぁ...

わざわざ批判を見に行くのがどれだけダメージ受けるか分かってんでしょうに(0)

 

//

漫画に影響され過ぎでしょ。

単純な奴らだなあ。

こういうことなんて「考えさせられる」じゃなくて無意識にでも判断できることだろ。(1)

 

//

普段SNSで批判してる人はこれ見て反省してほしい...と思うけど多分無理だろうな(6)

 

//

ネット見てて思うけど言葉の重みを分かってない奴が多すぎる、言葉1つで人の人生を変えてしまうこともあるのに(1)

 

//

誹謗中傷は無くなんないよね...1番怖いのは、同調したり見て見ぬふりをする人...っていうのを村上春樹の小説で読んだことある気がする。(3)

 

//

日本人って基本的には陰湿だから、特にTwitterみたいな匿名システムのものだとバレないと思って平気でなんでも書くよね...

発言に責任持たせるために、もっと簡単に訴えられたり、摘発できる法律とかあればいいんだけどね。まあ、匿名システム廃止するのが個人的には一番いいと思うけどね、、、(39)

 

//

死のうとする奴の気持ちがわからんとか言ってる人に見てほしい。

本人にしかわからない思いってあるし、いじめとか嫌がらせとかって他人がどうこう言っていいような問題じゃないんだよなー。(2)

 

//

ここの読者にも心当たりあるんじゃない?日曜の某漫画のコメとかもう少し考えたほうがいい👍押してる人も含めて(0)

 

//

コメ欄で善人ヅラするなとか、やってるやつもいただろとか言ってる人もいるけど、それすらも正しさで殴るってかんじで同じことなのでは...?怖い。(931)

 

//

自分の評価が気になる心理は多かれ少なかれほとんどの人にあると思う(1)

 

//

戦ったら戦ったで、アンチと意見は違うとか主張し始めるよね。こういう人ら。

アンチでも意見でも傷つく人がいるってことに想像力がなさすぎる。(3)

 

//

こんなふうにネットを使ったことがなくても、他人事じゃなくて自分も使える凶器なんだと思った。

人を簡単に傷つけられる。(10)

 

//

サイコパスは他人の気持ちなんて蟻ほども興味ないから炎上なんか関わらんよ(0)

 

//

吐きそうになるな

自分も忘れてるだけでこういうことやってんのかな

やらかした奴なら多少叩かれてもしゃーないって思っちゃう心理は誰にでもあるし

悪いことしたんだって前提があれば細かい事情なんて想像もしないし

考えてみれば当事者でも何でもないのにな(35)

 

//

これ見て何も感じないならサイコパス

 

ていうコメントもまた、配慮が足りないのでは、と思った。このコメント欄に書き込む人は他人への配慮より自分の感情を優先する時があると思う。作品への批評をしたくなったり、自分の意見の正しさを論破したり。このように。(154)

 

//

悪者を作り上げて成敗しないといけない、いつも悪者探ししてる人って実はすごく多いんだよね。

前回ゆきちゃん疑ってた人たちもそうだよ?

悪者なんていない、私たちにはほんの一部しか見えてない。身内でもない人間をどうこう言える道理はないの。

例え思っても、それを口に出さない節度は大切。(8)

 

//

お前ら気をつけろよみたいなコメしてる奴に限って誹謗中傷コメ多いよなw

自分は違うとでも思ってんだろうな(2)

 

//

これ見て辛いと思った人、同じことするなよ!

ネットにつぶやいたことは、必ず誰かの目に止まるぞ!

誰もあなたを見てないなんてことないからな!

人を傷つけることがないよう気をつけよう!

あなたも!私も!(48)

 

//

少なくともこの漫画読んでる人は、これから先こういう書き込みするのやめていこうぜ。

何か言いたいならクローズドなところでだけにしてさ、少しずつ変えていこうや。(16)

 

//

うわぁ...中傷が生々しくて心臓痛くなった...

 

悪いことをした人を叩くのは正義じゃない。

しかもこれはメディアが切り貼りして、それそのように見せてる情報だから。

 

...でも安易に信じちゃうんだよなぁ(1)

 

//

やってる奴らコメ欄にも多いみたいなコメントあるけどそんなことねえよ

悪意があること言える奴ってのはホント一握りで炎上ってのも実はその界隈で小さかったりする

ただ炎上してる本人は自分を調べるから結果的に悪意に触れちまうんだよな、悪は全体の1割だったりするしここにはいても数人だわ(21)

 

//

自分の中での冗談半分が、相手にとっては冗談じゃ済まないってことを改めて思った。(4)

 

//

よく見る風景をバッシリと描写されていて今の時代少なからずどちらも他人事でなく

 

 

 

 

「悪いことしたなら石を投げてもいいよね」

この言葉が的を得ているというのがジャンプラと言う限定的なコミュニティでも30分で他人を糾弾する正義の人によって証明されているのが少し・・・(82)

 

//

辛辣なコメントしてた人達を叩いてる奴らきちぃ~~

自分も同じようなことしてる自覚無いの同じやん

「気をつけよう」とかで充分じゃんよ

他人を攻撃する時点で同類だよ(57)

 

//

民意を得た集団心理はやはり怖い...。名前爛に本名やその人の実際の写真やプロフが出れば誰も書き込まないんだろなぁ。匿名の恐ろしさよ(2)

 

//

きつ

どんなにつまらなくてもここのコメントで過剰に「つまらない」を書くのも似たようなもんなんだろうな

感想と批判の違い難しい。悪意あるのは論外だけど(2)

 

//

批判をわざわざネット上に発信する意味がわからないと本気で思う。共感を得たいんならローカルでヤダね~って言ってれば充分だし、本人に届けたいんなら事務所なり何なりへきちんとして文書で送れって思う。本人にきちんと届けようとするでもなく、しかし目に入るように批判をするのはほんと卑怯。(6)

 

//

自分達も知らず知らずのうちにこんな感じになってるって気付かされた。

これからはちゃんと良く考えます(17)

 

//

凄い...上から目線で自分は善人だけど、お前らは違うからなみたいなこと言ってる人の多いこと多いこと...

こういうので学んで次の過ちをなくせればそれでいいのになぜこうも高圧的になれるのか...(24)

 

 

14時現在もコメントが分刻みで止まないんで断念します

できるだけ色んな意見を集めようとしてこんなに長くなってしまったけど

ふと書き込みの時刻を見たらまだ0時半だったから他にも違う意見があっただろうなぁ

 

自分の意見もまぁ色々あるけど・・・

とりあえずネットに悪口を書き込んだところで何かが満たされるわけではないのよ

嫌なものには我不関焉の姿勢です

消えゆく煙草の煙と心のレンズ

以前からちょくちょく書いていたが、私は煙草が嫌いだ

煙草が嫌いで喫煙者が嫌いだ

嫌いだった

 

どういうわけか、近頃急にそこまで嫌いではなくなってきた

煙草に対しては複雑な感情を抱いている

といっても深刻でも趣きのあるものでもない

 

小さい頃は両親共に喫煙者だった

母親の、お風呂上りに換気扇の近くで脚を組みながら吸っていた姿が、記憶の片隅にある

幻だったのかと思うほど薄っすらとしか思い出せないが、確かに吸っていたはずだ

しかし仕事が忙しいからか、気が付くと吸わなくなっていた

おそらく自分が小学校低学年くらいまでの時期だと思う

 

うちの母親はお酒もめったに飲まない

それも仕事に影響が出るからだ

禁煙は難しいなどというが、母親を見るとそうでもない気もする

そこまで依存していなかったのかもしれない

 

母親が煙草を吸う姿はなかなかクールだった

いや、記憶が曖昧なので補正が入っているかもしれないな

気だるげに淡々と煙を吐く

昔から母親に対しては疲れたイメージが染みついている

(小さい頃母親に宛てた手紙で「いつも病気のおかあさんへ」と書いたほど)

その頃自分は煙草が嫌いとは思っていなかった

好きも嫌いもなかったと思う、ただ吸っているなとしか映っていなかった

 

中学生の時、部活の先輩たちが煙草を吸っていた

いわゆるヤンキーである

あまり悪さはしていなかったと思う、少なくとも普通の後輩には

悪さをするというよりアホだった

それはさておき、その頃も煙草は嫌っていなかった

正直なところ、ワルに憧れていたというほどではないが、ヤンキーとも仲が良いとか、そういうものに抵抗がない自分に若干酔っていた

未成年者の喫煙飲酒の影響は多少は知っていたと思う

成長が阻害されるという認識はあった、だからヤンキーってチビなんだなーとか思っていた

しかし、ちょっと吸ってみたいなと思わないでもなかった

もう少しヤンキー達と仲良くなっていたら手を出していただろう

今思い出したが、ヤンキー達はグラウンドや酷い時には廊下に痰を吐いていた

先輩がやるもんだからそういうもんだと妙な風潮ができていたんだが、あれは本当に嫌いだった

改めて考えると、あれは喫煙の影響だったのかもしれない

当時sevenstarという銘柄だけ、なぜか覚えていたが、やはりヤンキー御用達か

 

高校生に上がると、煙草とは無縁の生活を送り始める

中1の時こそヤンキーに3割くらいなりかけていたが、同級のヤンキーもどきの性格が悪くって付き合ってられなくなった

校内では一緒にアホをやったりやらなかったりしたが、放課後は一切関わらず、真面目とは言えないがつまらん成績優秀な生徒になっていき、進学校に入学したのだ

だから正確には中2あたりから煙草からは遠ざかっていたわけだな

 

高校では周りで喫煙している人はいなかった

部活にそれなりに本気で取り組んでいたし、そうでなければ勉強しているような子が多かった

休み時間に教室の窓から教師が吸っているのを、あの人吸うんだと見下ろすことがごくたまにあったくらいで、煙草という言葉すらほとんど出てこなかった

だから逆に煙草について話した時のことは覚えている

この頃から父親の喫煙に苛立っていたように思う

高校時代と大学時代が混ざって正確な時期が分からないけど、部活の先輩とした会話の記憶から推測する

恐らく自分が「父親の煙草がウザイからやめてほしい」みたいなことを先輩に話したんだと思う

それに対して自分が覚えている先輩の返答は「煙草吸って早死にしてくれた方が社会的にはありがたいよね」というようなものだ

先輩は笑いながら言っていた

自分の父親が死ねと言われているようなものなのに、そこはどうでもよかった

だって自分も「いっそ早く死んでくれ」と思っていたから、でも死なないから苛立つのだ

まぁどうでもいいとは言いつつ、さすがに他人の親の死を願うような発言をする先輩には多少面食らった

 

そういえば小学生の頃、たばこ税増税のニュースを見て、幼い心で父親に禁煙を促したことがあった

電子タバコもこの頃出てきて、その話も持ちかけてみた

父親は要するに嫌だということを笑いながら言っていた

小学生の頃は兄弟と一緒にからかい半分で「保険金ほしいからお父さん60までに死んでよ~」みたいなことも言っていた

嫌な子供である

父親の返答は覚えていないが笑っていたと思う

 

それが高校の時は真面目に「たばこやめろ」もしくは「死んでくれ」と思っていた

先も言ったように正確な時期は覚えていないが、恐らくこの頃からなのだろう

父親の喫煙のタイミングと自分の行動が被るようになったのだ

例えば、学校から帰ってきて洗面所で手洗いうがいをするタイミングで、父親が隣の台所の換気扇の下で煙草を吸い始める、など

父親を嫌いになったのはこの頃だろうか

 

「俺も気を遣って吸ってるんだよ」はいつの言葉だったか

あんたがそのつもりでも、こっちは迷惑してるんだよ

 

父親の事は昔から別に好きではなかった、覚えているのは旅行先のプールで父親に抱えられながらウォータースライダーを下るのが何とも気持ち悪くて嫌だったこと

煙草の話から自分の家庭環境の話になりそうなので詳しくは書かないが、とにかく父親のことはよく分からないし、知ろうともしないし、特に好きも嫌いもなかった

成長するにつれ端々でまともじゃないなと感じて、どんどん関わらなくなっていった

 

しかし高3の部活を引退してから、私の家にいる時間が長くなり、謎に父親と長時間会話している時期があった

勉強しなきゃいけないし(時間があってもしないんだけど)、それほど楽しいわけでもなかった

謎だなーと思いつつ、それが習慣になりかけていた

楽しいわけでもないと言ったが、和やかな雰囲気での会話だった

その頃はその記憶ばかりで、煙草のことが思い出せない

秋くらいの事だったと思う

 

そして大学に入学する

入学後しばらくは覚えていない

1年生の時は、自分自身が部活と勉強で忙しかったこと、肌荒れがとんでもなく悪化していたことしか頭に残っていない

部活を辞め、受験生の兄弟の分も家事をするようになった2年生の時に、本気で父親の死を願った

父親の死を願ったし、家を出たくて大学の講義中に策を講じていた(具体的に調べたりしないのが自分の愚からしいところ)

この年に父親は定年し、家にいる時間が増え、必然的に私の煙に悩まされる時間が増えたのだ

確かこの時期の私は、全面的に嫌煙の感情を出していたと思う

それに呼応して(他にも要因はあるが)父親もイライラしていた、とにかく物音がひどかった

ドアを閉める時、歩く時、そのうるささに私も子供だったのでいちいち殺意を抱いていた

時には自分も、目には目を歯には歯をで、ひどく物音を立てていた

その後一回、大声で言い争いをし、なんやかんやあって父親も落ち着いて今に至る

 

今の父親は前より換気扇の近くで吸っているのか、漏れてくる煙は若干減ったような気もする

それでも朝の洗顔後やお風呂上りに吸いに来られるとイラっとくる

あと10分我慢できない?なんでこのタイミングで?

自分の部屋の窓を開けると、換気扇を通して出てくる煙が中に入ってくるので開けられない

まぁクーラー代がかさんでも払うのは父親だからほっとく

 

去年から最近までは本当に嫌煙家だった

それでよくパチンコ屋でバイトをしているなと自分でもおかしくなる

煙草はもちろん嫌だけど、喫煙者の態度が嫌なのだ

煙草が嫌いなのか、父親が嫌いなのか、どちらも嫌いなのか

煙草を吸うからその人が嫌いなのか、嫌いな人が吸うから嫌なのか

 

喫煙者の主張は全部唾棄できるものと思う

無意味に紙切れに書きだしたこともある

メリットなんてほぼないし、それどころか他人に迷惑すらかけている

二十歳を超えて友人たちが吸い出したら、容赦なく嫌がった、暴言も吐いた

 

それがどうして許せるようになったのか

一つは嫌煙家だからといってイライラして暴言を吐くのは、自分が喫煙者に対して嫌悪しているところと同じであること

ネットで見た「おだてて狭い喫煙所に閉じ込めておけば、高い税金納めて早死にする奴隷のできあがり」という文言

 

これだけなら冒頭に述べた複雑な感情はどこに行ったという話だが、

もう一つ、自分も吸ってみたいということだ

大人の嗜み、かっこよさ渋さに対する憧れ、単なる好奇心

フィクションや煙の届かない場所での喫煙はむしろ好きな部類だ

 

バイト先で煙草を吸っていたひとつ上の女の先輩

その歳で、しかも女の人で吸うのかと驚いたが、段々とかっこいいと感じるようになった

煙をくゆらす美人の、なんと絵になることよ

その人から煙草の匂いはしなかったような気もするが、まぁパチ屋だし周囲に煙草の匂いが充満しているから実際のところは分からない

同い年の男はなんでかかっこいいと思わない

煙草は値上がりしていく一方、世の中から嫌われていく一方でなぜ吸い始めるんだ?

それを分かってて吸ってるんだよな?煙たがられても自業自得だからな?バカだな

と、思う

 

でも愛煙家と嫌煙家だったら、嫌煙家の方が可愛いかも

嫌がっているの可愛いやん

これもフィクションに限りますかな

 

とにかく前のように喫煙者に強くあたることはない

むしろ一本もらってしまうかもな

私はいつかきっと煙草を吸うだろう

 

なお、歩きたばことポイ捨てを許すことはない

休みではない

休みではないのに時間があると錯覚して、隙あらば怠けてしまう理系学部4年生

バイトの日以外は昼まで寝とる

もっと一日一日を有意義に過ごしたいものだ

 

考えても仕方ないこと、調べても仕方ないことで一日が終わっていく

 

バイト辞めたいなー社員がもう変わりそうもないし痛い目見させてやりたい

となると新しいバイトかー短期でやれるやつ

いっそバイトじゃなくて在宅でできるもんとか

そういや最近noteっつーもんを見かけるな

・・・

 

みたいな

 

noteってなんだろう

サポートされるとお小遣いが入るみたい

自分は記事を読んでサポートしようと思ったことはない

別に必要ない、ヒットしたから見た、他のブログに書いてあること、

お金を払うなら信用性の低い匿名一般人の記事よりちゃんとした書籍だな等々

皆あわよくばお金がもらえるかもって書いてるんだろうな

じゃなかったらブログでいいわけさ

あ、でもブログより勝手が良くて気軽に始められるのかもな

 

何か書いてみよっかな~

あわよくばお小遣いね

物好きの富豪が恵んでくれるかも

書くことねぇ~

 

バイト辞めたいな

これがお前らのしてきたことの報いだよって思わせるすげぇ迷惑なタイミングで辞めたい

異動の気配があれば続けようかとも思うが、なさそう

スタッフは好きだし迷惑かけたくないんだがな~新人も何となく好きになれんし御免

 

noteで月10万もいかんやろし・・・うーむ(noteは本気だったんかい)

まぁ残り3ヶ月の給料なんて働きだせばすぐ稼げるし、平年なら遊び惚けるのも一つの選択肢としてあるのだが、状況が状況だしバイトするほうが有意義か

1月2月は卒論もあってバイトも遊びも控えねばと言ったところ

いっそ引きこもって散らかっているメモを整理したり興味ある事に取り組んだりアニメや漫画を読んで過ごす

いやーでもこれってバイトしながらでもできるっちゃできる

バイトすることで最低限の生活を保ちながらやった方がええやろ

 

てかバイトない日に休みすぎやねん!!マジでぇ

メリハリつけよう切替きちっと

 

友達が書いているnoteをたまにこっそり見るけど文章上手いな

自分はよく「話が上手いから文章も面白そう」とか「面白い」とか言われ・・・ていたけど

こんなの書けやんな

構成とか練ってるのかしら

 

ブログやるとそういう、話をしたり書いたり表現力が身につくみたいな話を

どこかで見かけたが・・・私は、ダメですね(笑)

練習する気ない

何でもそう、上手くなりたいけど勉強も練習もしないのである。

何でもいいからきちんと成し遂げたい、極めたい

やりたいことが多すぎる

ハマればそればかりになる性質、飽き性の凝り性

穴への降り方を考えながら片足を突っ込んだところで、また違う穴を見つけ地上に出てくるみたいな今日この頃・・・・・・ですか?(知らんがな)

 

このブログも当初考えていたものとはだいぶ違うのだ

穴の中で運営するはずだったのだ

降りるのが面倒になって地上からのお届けだっちゃ